レディース 部門

エントリー情報
部門 レディース
エントリーNO. J12S-1610
氏名 中村 郁代
作品名 夜を縫う-Japanese Embroidery KOGIN-
作品の
コンセプト
今回「麗しきおくりもの」として注目したデザインは、青森に伝わるこぎん刺しという刺繍技法です。こぎん刺しは江戸時代から明治にかけて青森の女性たちによって美しい模様の数々が考案されてきました。麻の着物の目をうめて防寒するためだけでなく、身の回りを美しく着飾るこぎん刺しは、自分たちのため、また家族のためにと衣服に縫われてきました。そんな誰かのためを思って一針一針縫われたこぎん刺しを「麗しきおくりもの」として靴にこめました。
Web投票会場トップへ戻る