一枚の革と一本の紐で、
SDGsを体現
自分の手だけでつくる
バックパック

審査員長特別賞 (持続可能なデザイン) One Leather, One Cord Ken Shiina Design Laboratory 椎名 賢 さんの画像

審査員長特別賞
(持続可能なデザイン)

One Leather, One Cord

Ken Shiina Design Laboratory

椎名 賢 さん

見た目は上質なレザーのバックパック。しかし細部に目をこらせば、ミシンの縫い目は見当たらず、金具もゼロ。審査員長特別賞(持続可能なデザイン)を受賞した椎名賢さんの作品は、牛革と革紐だけでつくられた、至極シンプルなレザーバッグだった。
椎名 賢さんの作品 One Leather, One Cordの画像

神戸芸術工科大学ファッションデザイン学科の非常勤講師として働きながら、レザーバッグ手づくり教室「カザグルマ鞄教室」を主催する椎名賢さん。受賞作のアイデアは、自宅の引っ越しを通して思いついたものだという。

「子どもが生まれ、子育てに適した環境を求めて引越しを決意しました。でも実際に家探しを始めてみると、思いのほか苦労した。というのも、我が家は居住スペースのほか、複数あるミシンや重機が置ける、工房と教室のためのスペースが必要なんです。でも、そんな都合の良い物件にはなかなか出合えなくて。途方に暮れていた時にふと、今までの環境は当たり前じゃなかったんだ、と気づいたんです。この道具が全部なくなったとしても、自分は鞄づくりができるのか、と。ちょっと怖くなっちゃったんですよね」

そこで考えたのが、道具を極力使わないバックパック。作品タイトル通り、一枚の革と一本の紐のみによる鞄づくりに挑戦することにした。

椎名 賢さんが作業をしている画像

得意技すべてを封印する勇気

さっそく、懇意にしているタンナー、セナレザーに相談。通常は半裁で流通しているステアを、ほぼ丸革で特注した。さらにそれを、従来のようなパーツごとの型紙で切り離さず、一枚の展開図としてデザインしたのだ。

「僕の本来の強みは、ミシンの使い方、コバの処理、そして完成形の立体をイメージしながら平面である型紙へと落とし込む発想力。今回はあえて、それらの得意技をすべて封印しました」

椎名 賢さんの作品 One Leather, One Cordの画像
椎名 賢さんの作品 One Leather, One Cordの画像

そのため、制作の手順は通常とは真逆となった。

「いつもはまずデザイン画を起こして、立体をイメージしてから、それを型紙に展開していました。でも、今回はこれじゃできへんわ、と。発想を逆転させて、平面の状態の革を立ち上げ、そこから立体をつくりあげていく方法に切り替えました」

ミシンも金具も接着剤も使わないと決めていた椎名さん。使用した道具はカッターとポンチ、ハンマーの3種だけだ。そのため、細かい処理もすべて一から考えた。

「例えば、通常ミシンで縫製する縦ラインの部分は、凹凸にカットした革を交互に重ね合わせて強度を出すことで、ずれを防止。上部は、紐を使った巾着仕立てに。蓋を閉める部分は、革紐を結んで玉状にしたものを、ギボシ留め風に使った。ハーネスと本体は、もやい結びで繋いでいます」

ギボシボタンとも言う。通常、革の切れ目に金具の突起を差し込んで留めます。その名前の由来は、寺社仏閣の高欄などの柱に見られる飾り「擬宝珠(ぎぼし)」に形が似ているからだと言われています。

椎名 賢さんの作業場の画像

本当は機械や道具が大好き

あえて、不自由な中でどこまでできるか、に挑んだ椎名さん。実は本来、道具や機械を使っての鞄制作が大好きだという。神戸芸術工科大学卒業後、レザーの産地である姫路の鞄教室で、5年間バッグ制作を勉強。その後、鞄のオーダーメイド制作・販売を経験し、2012年に「Ken Shiina Design Laboratory」を立ち上げた。

「今回の作品では、『究極の持続可能なデザイン』を目指しました。でも道具を使ってつくることも、結局は極めて持続可能な生産活動だと思うんです。機械を扱う技術さえ覚えれば、誰がつくってもある程度同じクオリティのものができあがりますから。今回はまったく逆のことをしましたけどね(笑)」

大学時代にプロダクトデザインを学んだ経験から、「物づくりにおいては、再現性があって当たり前」というのが彼の考え方。機械があるからこそ、違う人間でも同じものが生み出せる。道具はそのための必然であり、改めて道具の力も再認識したという。

文=土井真由美(CLIP)
写真=鈴木康浩

椎名 賢さんの画像

来年のアワードへのチャレンジとは

そんな椎名さんの、次なる作品はなんなのか。

「次回は、自分の得意を盛りだくさんに詰め込んだ鞄で応募しようと、今から構想を練っています。得意のコバの処理も、バチバチにやりますよ。期待していてください」

早くも次のレザーアワードへの意欲を語るその表情は、笑顔にあふれていた。来年の椎名さんも、また楽しみだ。

2018年度 審査員賞<佐藤 直人選>
http://award.jlia.or.jp/2018/list/detail.php?no=J18A-5054

文=土井真由美(CLIP)
写真=鈴木康浩

作品ページ

受賞者一覧

益子 実佳 さん

2021年度 グランプリ

フットウェア部門 ベストプロダクト賞

宮城興業 株式会社

益子 実佳 さん

素材も生産も
“メイド・イン・ヤマガタ”
持続可能性に満ちた
ローカルシューズ

猪俣 真 さん

フットウェア部門
フューチャーデザイン賞

個人

猪俣 真 さん

それ自体が副産物であり、
革は立派なエコ素材
想いを込めた
「脱皮するスニーカー」、
その中身とは?

牛島 淳 さん

バッグ部門 フューチャーデザイン賞

個人

牛島 淳 さん

革の可能性を広げるバッグは、
型紙2種類のみ
一流品とも戦える
シンプルな創意工夫

蔡 弘灏 さん

ウェア&グッズ部門 ベストプロダクト賞

CAI芸術スタジオ 株式会社

蔡 弘灏 さん

1枚の革に命を吹き込む、
驚くべきクラフト技術
強烈な個性で魅了する、
前代未聞の十二支像

椎名 賢 さん

審査員長特別賞(持続可能なデザイン)

Ken Shiina Design Laboratory

椎名 賢 さん

一枚の革と一本の紐で、
SDGsを体現
自分の手だけでつくる
バックパック

高張 創太 さん

フリー部門 ベストプロダクト賞

SOTA LEATHER PRODUCTS

高張 創太 さん

経年変化が楽しい、
インテリアに馴染むデザイン
確かな技術力で叶えた、
斬新なアイデア

中山 智介 さん

フリー部門 フューチャーデザイン賞

銀職庵 水主(ぎんしょくあん かこ)

中山 智介 さん

見た目だけではなく
本質を追求
審美性を兼ね備え、
自然に還る安心な抹茶碗

益井 隆之 さん

ウェア&グッズ部門
フューチャーデザイン賞

TROJAN HORSE

益井 隆之 さん

レザージャケットの
固定概念を打ち破る
薄い、軽い、収納できる一着

松村 美咲 さん

バッグ部門 ベストプロダクト賞

有限会社 清川商店

松村 美咲 さん

素材も技術も、
使うことで未来へつなぐ
伝統と創造から
生まれる次代のデザイン

若井田 健太 さん

学生部門 最優秀賞

多摩美術大学

若井田 健太 さん

若者が注目したのは
日本古来の伝統技法
「撓め革」は
究極のサステナブル素材だ

記事一覧